Cyblind

海外アダルトサイト探訪ブログ

*

若いながらも年季が違う!有名女優が演じる女子学生の超エグ壮絶セックス描写!

2014年12月16日,

Sara Luvv[画像元: New Sensations]

活動開始後たった2年ながら幾多の動画に出演を重ね、若いながらも既にベテランの域にあるSara Luvv。そんな彼女が今回は女子校生に扮し、今までの遍歴を見せつけるかのような横綱ファックを展開。

女子校生モノとえばNew Sensations!と言うほどに(って、ワタシが言っているだけですが)、過去に幾多の名作とパフォーマーを輩出してきた得意のジャンル。

この手の演出なんぞはお手のモノ、といった感じの危なげ無い仕上がりになっています。

sara_luvv-001

彼女の場合、見た目からして女子学生にはうってつけのネタ。

sara_luvv-005

そんな彼女が穿いていたのは何とデカパン!こりゃパンティーというよりパンツだ。

sara_luvv-010

で、そのパンツの上からおまんこを愛撫され、早くもこ~んな顔。

sara_luvv-011

その裾を剥ぐっておまんこを露呈させ、

sara_luvv-014

正にブチュ~ッという感じで激しく吸引。

sara_luvv-018

おまんこに男根突っ込み、クリトリスを愛撫。するってぇと皮が剥け、

sara_luvv-019

クリ頭がひょっこり顔を出す。

sara_luvv-022

女の頭を起こして結合部を見せつけ。

sara_luvv-025

ここでおフェラ。じっくりナメナメおしゃぶりしてたら、

sara_luvv-028

髪の毛掴まれ、喉奥まで突っ込まれて思わず涙目。

sara_luvv-029

再び突っ込みクリトリスを愛撫。

sara_luvv-030

あ!陰唇にホクロが!

sara_luvv-038

対面騎乗位に体位を変え、アナルを弄りまわす。

sara_luvv-045

更に下から突き上げながら、おっぱいにむしゃぶりつく男。

sara_luvv-047

おまんこの真っ赤な内壁覗かせながら、

sara_luvv-048

赤ちゃんダッコでワッセッセ!

sara_luvv-051

再三に渡る突き上げながらのクリ愛撫で、

sara_luvv-054

オ~!ヨキカナァ~。ってなカンジで悦に入る。

sara_luvv-059

エグいおまんこ!でもちょっと色素沈着が・・・(汗)

sara_luvv-063

最後の突きはワンワンスタイル。自分でお尻の肉を拡げるのはイイのだが、

sara_luvv-074

チカラ入れ過ぎで白いお尻に手の痕が付いてしまったではないか。

sara_luvv-082

さて発射の準備。おフェラでサオをしっかりシゴき、

sara_luvv-086

お口目がけてドピュッ!のつもりが勢い余ってお顔にブチ撒け。

sara_luvv-091

先っぽをチュ~チュ~吸ってキレイキレイしましょ。

女の制服姿ってヤツにはど~も普通以上にソソらてイカンですね。スクールユニフォームに限らず、オフィスでのスーツやナース姿、はたまた婦警や軍服姿にすら(汗。

まぁコレも仕方の無いコトなんでしょうが。

ただ、それなりに理由はあると思いますよ。女子学生のカッコするような時はガイジンさんが好むドぎついメイクで出て来る事はほぼ皆無。ナチュラルなメイクでキメるのが普通ですから、それだけで自然でキレイな仕上がりに見えてしまう事も事実でしょう。

ガイジンさんっていうのは、元々顔の造りが派手ですから、フルにメイクするとワタシらから見た時にはドぎつく見えてしまう傾向ってあると思うんですよね。

顔が変われば全体の印象が一変してしまうのもアタリマエ。

実際、New Sensationsの女子校生シリーズを色々見ているうちには、
へ?このコ、こんなにキレイなコだったっけ?
なんてコトも過去に何度もありました。

ところで、今回この動画について記事にするに当たり、Sara Luvのプロフを調べいててビックリ。まだこんなに若かったのかと。

今まで随分とあちらこちらのサイトやDVDで彼女の名前を見てきただけに、実質デビュー後たった2年という事にも驚きでしたが。

ただ、次々と新しいパフォーマーが出てきて、アチラコチラで多数の動画に出るのが普通のこの業界、半年から1年も経てば古株の仲間入り!となってしまうのでしょうけれど。

さて、動画の方の話ですが、性反応はすこぶる良し、構図も良し。

しかしながらそこはベテランの味と言うモノで、不自然に見えない範囲というか、やり過ぎない程度に悶えて見せている、といったところです。

その辺のサジ加減がヘタだと、単なるオーバーアクションになるところですが、そこは彼女の経験の成せる技という事でしょう。

そんな彼女のパフォーマンスに加え、カメラアングル等手堅いしっかりした映像で普通の名作に仕上がっていると思います。


  関連記事